忍者ブログ

カルチャーチョップ

文化の問題にチョップ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
  • SEOブログパーツ


レコメンデーションエンジン
最新CM
最新TB
バーコード
ブログ内検索
リンク
ぐろばるにゅ
無重力でキャッチボール
社会とネット
あっちこっちでっち
きになる小物、アイテム
なんなのなんなの
あんなこんな仕事術
やりたいしたいライフハック
とーふとうふとーふー
しゅんげー
ほうきにまたがり
テクテクブログ
パソコンのある生活
芸があるのに芸能
科学はマジックじゃないのよ はっはぁー
まつりごとのまつり
節約くんがくるぞー
芸能ネタからコマ
お役立ちウェブ
商売3畳
出来事ドレッシング
からだのみかた
Webサービスめも
体にガタがくるまえに 
世界は広いな大きいな
ノバンス雑記
ぼくの社会多事他事考察
食ネタ列伝
かがっくん
着る物わーらん
企業の憂鬱
インターネットは何をしたか
コンバルケ
とんとん大好き
ITっていうなぁ
歩く洗面器
目覚まし時計とボールペン
津々浦々
ボールペンがころんだ
コケっこレシピ
歩けカタツムリ
とれにゅの里
まわる歯車
経ざいざいざい
ライフハック なにそれおいしいの?
楽に行きたい
知恵とテクノロジー
身のまわりのこと
洋画でしょうが
人間って難しい
深い海には何かいる
使えるフリーソフト
社会リモコン
セケンヲチ
モォー牛肉がうまい
SOBURON ETA
よもやま経済適当話
経済と秋の空
インテリアニュース
水に浸かってるとふやけね?
秘密戦隊サイエンス
ワールドん
かたづけよう整理整頓
あめんぼだってー
たべP
Firefoxアドオンがんば
ねったーCO
空とぶぶた
うまうまもぐもぐ
野菜を食べよう
外国ってすげぇ
アプリソフトサラダ
なんで空は青いの
サルも驚いた
なーるほど ざ 世界
ちょうちょは風で運ばれる
海外どっこいネットニュース
エルビスとダンス
エンタメ海外ぬーす
ほんまですか
いきものまんざい
インターホット
海外こぼれ話
生物と環境と心強さと~♪
階段を登ろう
文化だんしゃく
宇宙猿人ポリ
よのにっき
おもしろ世の常人の常
たけやぶやけた
風にふかれて
社会っていろいろあるなぁ
えんたねす
ここまできたか よのなかは
元気!やる気!やーまだ!
理科少年
人生楽ありゃ
リーマン日記
食べ物ばくばく
[4] [3] [2] [1]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



長野県の人は出身高校を気にするらしい

長野県にはスキーでよく行きました。
スキー場の宿の旅館・ホテルのご主人・奥さんには良くしていただきました。

その長野県の話題で、長野では出身高校に対してのこだわりが強いというものがありました。
大学じゃなくて高校なんだそうです。
どういうことかというと

長野高校卒じゃないッスけど、何か文句ありますか?
「お客さん、どちらのご出身ですか?」。長野県に赴任して約1年2カ月。行きつけの飲み屋も何軒かできた。のれんを何度かくぐるうちに店のマスターや女将と顔なじみになってくると、冒頭のように出身地を尋ねられるのはどこでも同じように見られる光景だろう。

だが、長野県の場合はちょっと事情が違う。もちろん「どちらのご出身ですか?」と聞かれるのは同じだが、長野県では、この出身という言葉は「どちらの高校の卒業生ですか?」ということを指すことが多い。

長野県に着任して日が浅いうちは、その辺の機敏が分からず、「生まれですか? 東北の山形ですよ」と精いっぱいの笑顔を浮かべて答えていたのだが、マスターや女将は「ふーん」とか「へぇー」とかと応じるだけで、会話がそのまま途切れてしまうことが多かった。

同業他社の支局長と会った機会に、このことを話すと「笠原さん、長野で『どこの出身ですか』と聞かれたら、それは『どちらの高校を卒業してますか』ということですよ。長野県人は、出身高校に異様にこだわりますからね」というアドバイスを受けた。

以来、飲み会などの会合では注意しているが、これまで赴任したことがある栃木県などと比べると、確かに長野県人の出身高校へのこだわりは強い。支局が長野市にあるため、会合は長野市内で開かれることが多い。このせいもあって、長野市内の高校やその近辺の高校のことが話題に上る。中でも圧倒的に多いのが県立長野高校だ。

これはスキー場では高校にこだわるというのはまったく感じることはありませんでした。
まあ当たり前だけど。
スキー場はほとんどは県外から来たお客さんばかりですし、働いてるアルバイトも県外出身のリゾートバイトがほとんどです。
逆に地元の高校出身の若い人がほとんどいなかったのを覚えています。
地元の若い人は都会に憧れて東京なり県内の都市部へ出て行ってしまうようでした。
つまりスキー上周辺と都会で若い人の交換現象が起きているんですね。どこ高校の出身など気にするわけがない。

なので旅館やホテルの経営者などの地元の人たち以外は大抵県外の人たちばっかり集まってますから、県内のどこの高校かなんていう話題は出ません。
スキー場という特殊な環境でなく一般の街であれば、長野だと出身高校にこだわるのは一般的なんでしょうかね。

それとも長野市周辺の固有の状況なんでしょうか。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=